たった3日で成果発生!スマホアフィリの秘密を暴露 > おすすめツール > アナリティクスの解析データ保存期間を全期間にする方法

アナリティクスの解析データ保存期間を全期間にする方法

Google analyticsをサイトに設置していません?設定を変更しておかないと過去の解析データが消えてしまいます。

Googleさんが提供している無料のアクセス解析、アナリティクスを利用している方多いですよね。

最近、アナリティクスにログインすると上部に英語でメッセージが表示されていますよね。

【追記】現在、日本語のアナウンスに変わってます。

We’ve recently launched new Data Retention controls that may affect your data starting May 25, 2018. Please review your settings and make any changes required. Learn more

これ、なんのこっちゃ!?と、ほっておけないメッセージのようです。

Google analyticsのデータが設定変更しないと消えてしまう!

 
今まで、解析データは全期間見ることができたのですが、設定変更をしなくちゃいけなくなったとのこと。

デフォルトでは保存期間が26か月になっていて、5月25日にこの設定が実行されてしまうんです。

知人が知らせてくれたので、早々に設定変更しました。

全期間のデータを保存しておきたい場合は、設定方法を記載しますのでやっておいてくださいね。

Google analyticsのデータ保持設定方法

 
Google analyticsのデータ保持設定方法は簡単な操作でできます。画像を挟んで解説しますね。

Google analyticsの管理画面にログインしてください。

管理画面の左下のオレンジ色の歯車マークをクリックします。

 
管理画面中央の「プロパティ」の「トラッキング情報」をクリックします。

 
「データ保持」をクリックします。

 
設定画面が開きます。「ユーザーデータとイベントデータの保持」がデフォルトでは「26months」になっていると思います。

このままだと、26ヶ月分のデータしか保存されません。

 
右側の▼をクリックするとプルダウンメニューが開くので、「Do not automatically expire」を選択して、「保存」をクリックします。

 
「完了しました」と表示されたら設定完了です。

「Do not automatically expire」にしておけば、今までどおり全期間のデータを見ることができます。

 
この設定は、2018年5月25日に有効になるので、それまでに設定変更しておいてくださいね。

新規にアナリティクスを設置するときにも、「データ保持」の設定変更をしておかないと、26ヶ月分の解析データしか保存されないので、忘れずやっておきましょう。

複数サイトがある場合は、「データ保持」の設定変更をサイトごとにやっておく必要があります。

 

★メルマガやってます★

お母ちゃんアフィリエイターならではの話も盛り込みながら、スマホアフィリの耳より情報をお届けしますね。

メルマガ登録はこちら